働く人を、輝く人に。

与えられた人生の、大部分を仕事に注いでいる私たち。
その時間を大切にすることは、命を大切にすることでもある。
私たちは、そう考えます。

けれど「仕事」で検索すると、やめたい、行きたくない、ミス、ストレス・・・
とネガティブワードばかり並ぶのが、世の中の現状です。

たった一度の「命の使い方」が、ネガティブでいいわけがない。
どんな仕事でも、誰かの役にたっている、誰かの笑顔をつくっている。
その事実を、もっと自分で感じることができれば、もっと幸せに生きることができるはず。

だから私たちは、私たちのサービスを通じて人々に届けます。
それぞれの仕事の中にある、いろんな人からの「すごい」「ステキ」「ありがとう」の気持ちを。
そして、その仕事は、誰かを輝かせ、自分の心にも輝きのタネをまいていることを。

働く人を、輝く人に。

私たちは「世界でいちばん、人を輝かせる会社」をつくってみせます。

1

自ら決め、自ら動く
私たちはメンバー全員が、自分の人生に責任を持ち、
人生を経営する「自分株式会社」の社長です。
誰かの指示を待つのではなく、自分で決め、動き、改善する。
だから仕事が面白くなる。
すべての仕事に、そして自分の人生に、オーナーシップを。
未来の号令をかけるのは、あなた自身です。
セルフスタート

2

そのネバリが世界を変える
勝負は「ラストワンマイル」の粘りで決まる。
限界を感じてしんどくなった時に、
「もういいでしょ」と諦めるか?「もういっちょ」と自分を鼓舞できるか?
その差はそのまま、成果に直結します。
苦しさの課程にある成長痛は、仕事からの最高の贈り物。
逆境の中で笑える魂が、シンクスマイルのDNAです。
タフ

3

早く仕掛ける、最速で動く
いつもベストを追求している以上、完成度100%なんて存在しません。
だとしたら、走りながら、考える。
まず踏みだし、いち早く改善して、成果を出す。
その道のりの中での失敗は、失敗ではなく、学びと気づきの足跡です。
いつも、最速で走り続ける挑戦集団へ。
有限で平等な時間の中で、私たちはそのスピードで、
仕事と人生を何倍も濃密なものにします。
スピード

4

気は使うものじゃなく、
 利かすもの

本物のホスピタリティとは、相手の気持ちを感じ取り、
先回りして、本人さえも気づいていない「答え」を届けてあげること。
そのためにも、すべては「想像」からはじまります。
相手以上に、相手のことを考える、考える、考える。
遠慮して距離をとっていては、想像力を発揮できるはずもありません。
猛烈なおせっかいで思考し、最適なおもいやりで行動しましょう。
ホスピタリティ

5

常識を上書きする
私たちの仕事の本質は、感動を生み出すこと。
そしてその感動は、「普通」の枠を飛び越えた常識の外からやってきます。
いちばんもったいないのは、常識にとらわれて発想をしぼませてしまうこと。
常識なんて、はみ出してなんぼ。世の中にないルールなら、つくり出せばいい。
新たな常識を開拓してこそ、顧客を開拓することができる。
その姿勢があってはじめて、アイデアの視点が広がっていくのです。

アイデア

6

仲間の人生も生きている
ひとりで頭を抱えることは、シンクスマイルでは問題外。
隣には、あなたの人生を背負って汗を流している仲間がいる。
迷ったときは、思いきり頼ればいいんです。
だからあなたも、臆せず、出し惜しみせず、
自分の知恵を、経験を、失敗を、みんなに分け与えよう。
化学反応を楽しみ、それぞれの人生を輝かせよう。
チームサクセス

Btn contact 01 Btn pagetop 01